[ウクレレコード紹介]ドラえもん / 星野源


ウクレレラバーの皆さんこんにちは。

マスオさんの声が変わってからしばらく立ちましたが、違和感がなかなか拭えません。新マスオさんもアレはアレでいいと思うんですけどね。やっぱり前のがよかったなあ。波平とフネさんはすごいですね。もう自然に見られます。

アニメキャラの声は、イメージ大事にしてほしい派なんですが、そう考えるとルパンの声優陣刷新はいいとこいったと思います。ちょっと次元だけおじいちゃんすぎて、逆に違和感あります。ちなみにもし神谷明が引退したら、後任はスペース海賊のゴージャスで行ってほしいなぁと思います。似てません?声…。

で、本題のドラえもんですが、やっぱ大山のぶ代が良かったなぁ。雑談はこのくらいにして、今日は星野源「ドラえもん」のコード紹介です。

ウクレレでドラえもん。コード進行とポジショニング例

原曲は公式からどうぞ。

Youtube 星野源公式チャンネル→星野源 – ドラえもん (Official Video)

CDはこちら

スラムダンクは大黒摩季だったり、るろうに剣心はジュディマリだったりしましたけど、やっぱりアニメソングは普通のポップスではなくて、それ用に作られた曲のほうが落ち着きます。

原曲とあわせて練習してみましょう。

ドラえもん 星野源

 

これはお子様ソングに見せかけて、結構エグいですよ。テンポ早いし、コードチェンジも忙しいし、Dメロもあるし、転調もするし…。お父さんが子供に弾いて聞かせて自慢するまでには、結構な練習が必要です。

Low-Gに合わせてポジション例を記載してありますが、キーの都合でハイポジションとローポジションの往復が激しくなっています。ハイポジションを弾く時は、あえて1弦を弾かないなどの工夫をして、音飛びを軽減するのも良さそうです。押さえるフレット1個減るしね…。

ウクレレでドラえもん。イントロのギターをマネしてみよう

さて、ドラえもんですが、イントロはコードをそのまま弾くより、例の「チャッチャ チャッチャッ ッツ チャッチャッ」ていうアレをやった方がしっくりきます。

歌部の伴奏部分よりもよっぽど簡単なのでやってみましょう。参考動画を上げるまでも無いかもしれませんが、一応こんな感じになれば十分でしょう。

参考動画はこちら→ドラえもん / 星野源 イントロをウクレレでやる

これだけならちょっと練習すればできそうです。

まとめ

以上、星野源「ドラえもん」でした。昔のドラえもんのテーマソングの要素をいろいろ散りばめ、旧テーマソングへの敬意が見えるアレンジで好感が持てます。でも星野源感はある。すごいなぁ。

お子さんいる家庭なら、子供にもウケが良いかもしれませんね。イントロのリフだけでも「ワーおとーさん(もしくはおかーさん)スゴーイ」となりますよ、たぶん。逆に子供に教えて「すごいねぇ」と褒めてやるのも良いでしょう。

 

うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。