[ウクレレコード紹介]強く儚い者たち / Cocco


ウクレレラバーの皆さん、こんにちは。takaraです。

こないだミュージックステーションを見ていたら、超久々にCoccoが出演してました。僕がCoccoにドハマリしていたのはちょうど大学受験に失敗して、予備校通ってた頃ですね。

ストレートで受かった親友が、当時遠距離恋愛をしていて、この曲の「あんたの女は今頃別の誰かとイケナイコトしちゃってるわよ」的な歌詞に影響されすぎて、「彼女の動向が心配だ」と、めちゃめちゃ相談してきた記憶が蘇ります。浪人生にそんなん言われてもさー。模試で頭いっぱいだっつーの。

ということで、当時の甘酸っぱい記憶とともにご紹介するのは、代表曲の「強く儚い者たち」です。

ウクレレで強く儚い者たち。コード進行とポジショニング例

もう若者はこの曲あんまり知らないかもしんないですね。名曲なんだけどなぁ。まあ原曲聴いてみましょう。アップルミュージックに入っている人は、そっちでフルバージョンを聞けます。

YouTube 公式チャンネルはこちらCocco – 強く儚(はかな)い者たち  【VIDEO CLIP SHORT】

ちょっとネットを調べたら、本人は楽譜も読めず作曲の勉強をしたこともないんですって。先日のミュージックステーションで本人も言ってましたが、頭に流れた歌をただ表現するそうです。ちなみにこの曲は20歳の頃の曲ですけど、これが頭に流れる20歳ってせつなすぎですよ。好き。

ではコード進行とポジショニング例です。原曲と合わせて練習してみましょう。

強く儚い者たち Cocco

 

コード進行はいたってシンプルです。バブルガムブラザーズのウォンビーロングみたいなコード進行が続きますが、メロディーと歌詞によっては、こうも変わるから音楽ってのは不思議です。オリオリオリオー、ヤリヤリヤリヤー…。

ウクレレで強く儚い者たち。工夫してもっと楽しむ小ネタ集

さて、この曲はとても思い出深く愛着のある曲なので、いろいろやってみたくなります。原曲はコード進行こそシンプルですが、所々に凝ったポイントがあるんですね。

バンドなら迷わず裏拍でコード弾きに専念してれば良いんですけど、ウクレレ一本で何ができるか、何をしようか…、というのが僕の楽しみでもあるので、まぁいろいろやってみましょう。

イントロのギターをやってみる

この曲はノイジーなギターで始まります。しばらくして他のパートが入っていって、厚みのあるバンドの音になるわけですが、この重っ苦しいギターが結構僕の好きポイントだったりします。ウクレレなので当然重苦しくはなりませんが、とりあえずやってみましょう。

参考動画はこちら強く儚い者たち / Cocco イントロギターのマネ

エレキウクレレでやると、そこそこマジっぽいです。僕はエフェクター持ってないので、アンプでゲインとトレブル全開にしてやってみました。エフェクター持ってる人は、ペダルでクリーントーンと切り替えれば、自然な流れで後の伴奏に移行できますね。エフェクター買おっかなぁ…。

バッキングは裏拍のレゲエ調でやる

これは、説明するまでもありません。曲を聴いたままの雰囲気で伴奏のコードを弾けばオッケーです。カッティングをうまく使います。ダウンストロークでミュート弾き、アップストロークで音を鳴らしてすぐミュート、を繰り返します。ずーっとこれを続けるだけでも十分素敵な弾き語りができます。

参考動画はこちら→強く儚い者たち / Cocco ウクレレ伴奏例①

ちなみに、カッティング・ミュートの方法は次の記事でも詳しく紹介してますんで、参考にしてください。

ベースパートの雰囲気を入れてみる

この曲でもう一つ特徴的なのがベースラインです。バンド演奏ならもちろんベースの人にコレを弾いてもらえば良いんですけど、ウクレレ一本でもなんとなく雰囲気出したいですよ。なので、そのまんまトレースはムリですが、コードを織り交ぜてこんな感じにやってみても面白いかもしれません。

参考動画はこちら強く儚い者たち / Cocco ウクレレ伴奏例②

あ、動画の中で、「D♭m7」て言わないといけないところを、間違って「Dm7」て言ってますね。まちがいです。ごめんなさい。

以上、いろいろやってみてください。

まとめ

以上、Cocco「強く儚い者たち」のウクレレコード・ポジショニング紹介でした。大好きな曲だけにいつも以上の熱量で紹介してみました。シンプルなのでウクレレ向き。歌詞とメロディーが秀逸なので、聞き手も弾き手もなんだか心が動かされます。

ちなみに今、原曲を聞きながらこの記事を書いてますが、僕もう泣いてます。だめですね年取ると涙もろくて。それでは皆さん、さようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。