[ウクレレコード紹介]正しい街 / 椎名林檎


こんにちは。takaraです。

Web閲覧のほとんどが、スマホで済まされるといわれる現代。

当ブログも、スマホ縦向きでも読みやすいように、いろいろ工夫をしていこうと思います。

あと、ついでに自己満足な作文の作業負荷を減らしていこうと思います。(このブログ自体自己満足でもあるんだけど…)

で、今回はその第1号。さぁ、吉と出るか凶と出るか。

ということで今日は、椎名林檎「正しい街」です。

こないだミュージックステーションで、ひさびさ披露してましたけど、やっぱりカッコいい。

正しい街。コード進行とポジショニング例

まずは原曲のおさらいどうぞ。

ロックなのにメロディアス。

3度をいかに上手く入れるか、抜くかがポイントになりそうです。

てことで、コード進行とポジショニング例です。

正しい街 椎名林檎

 

Dメロの部分は、コードをそのまま弾くよりも、ルート音と5度だけで攻めた方がよさそうです。

ルート音はコードネームの頭の◯の音。例えば、Am7なら「A」です。

で、5度の音の場所は次の通りです。

・3弦がルートのコードのとき : 4弦でルートと同じフレット
・4弦がルートのコードのとき : 3弦でルートよりも2つ上のフレット(Am7場合は3弦の5フレット)

正しい街。Dメロのリフをまねしてみよう

原曲キーでLow-Gなら、Dメロでやってるギターのリフがマネできます。

こんな感じ → [資料]正しい街 Dメロのリフを弾いてみよう

エレキギターみたいに音が歪んでないので、アレですが…。やってみると楽しいです。

ポイントはカッティング。

詳しいやり方は下の記事で紹介しています。勉強家の皆さんは見てみてね。

まとめ

うわぁ、今回超サッパリ…。

まぁ、文章をメインにしてるブログじゃないから、別にいいんだけど…。なぜか不安ですね。

ちなみに「正しい街」って福岡の事言ってるんですって。知ってました?

僕の母の実家が福岡なので、ちょっと嬉しかったです。

ほいじゃまた、ウクレレラバーの皆さんさようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。