[ウクレレコード紹介]シカゴ / クラムボン 全アレンジ紹介


こんにちは。takaraです。

こないだ、くるりの「ハイウェイ」の記事を書いたせいで、一気に青春カムバックモードに火がついた39歳です。

なんかぽい曲ないかなぁ、とおもって漁っていたらあったあった、僕の青春クラムボン…。

ということで、今日はクラムボンの「シカゴ」です。

シカゴ。コード進行とウクレレポジショニング例

原曲の確認です。

元気のいい曲です。で、良い曲。

原田郁子がカワイイ。この人の歌い方は不思議ですね。音程合わせてないような合わせてるような。喋ってるような歌い方。

さて、コード進行とウクレレポジショニング例です。

シカゴ クラムボン

大きく分けると2パターンのコード進行でイケるので、ビギナーでも頑張れば弾き語り出来ます。

曲調もアコースティックが合う感じですしね。

シカゴ。クラムボン自身の別アレンジも紹介

クラムボンて不思議なバンドで、自らの楽曲を別アレンジや再録音で積極的にリリースします。

なんなら、モノクロ・ステレオで同じ音源をリリースしてしまうくらい、レコーディングそのものを楽しんでいるバンドなんですね。

せっかくなので、とりあえず全部一気に紹介しておきましょう。コード簡単だし。

シカゴ(病み上がり)

まずは、オリジナルと同アルバムに収録されている「シカゴ(病み上がり)」です。

どのへんが「病み上がり」なのかわかりませんが、なんとなくルーズなアレンジが「病み上がり」なんでしょう。

コード進行とウクレレポジショニング例です。

シカゴ(病み上がり) クラムボン

基本的にはオリジナルと同じコードなので、オリジナルが弾けるようになればノリを変えてやるだけです。

2番のAメロはベース単音なので、好みでテンションを付けて、アレンジしてみても面白いかもしれません。

RE-RE-シカゴ

続いて、セルフカバーアルバム「RE-clammbon 2」に収録されている「RE-RE-シカゴ」です。

どんだけREするの? って感じですが、コレもコレでいい感じです。原曲よりも優しい曲調になっています。

コード進行とウクレレポジショニング紹介です。

RE-RE-シカゴ クラムボン

原曲よりも優しい曲調になっています。

RE-REはキーを変えてますね。

ラストの盛り上がりのところ、Eメロとラストのコード進行が変わる所がキモに感じます。Eメロは一気に抑えめに、ラストは一気に上げて、雰囲気を楽しみましょう。

以上、いろんなシカゴでした。自分たちの作品を見直していろいろ遊ぶスタンス。僕は好きですよ。

まとめ

シカゴは若い頃、だいぶお世話になった曲で、原曲で元気をもらい、病み上がりverでダラっとして、RE-REで優しい気持ちにさせてもらいました。

以上、いろいろ有って面白いクラムボン「シカゴ」でした。さぁ、あなたはどのシカゴ?

では、ウクレレラバーの皆さんさようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。