[ウクレレコード紹介]QMSMAS / 坂本龍一(+相対性理論)


こんにちは、takaraです。

今日は坂本龍一「QMSMAS(2015)」の紹介です。「は?なにそれ」と思ったあなた、正解です。たぶんこの曲を「ああ、アレね」と言える人は、そこそこマニアックな人だと思います。ぜひ友達になってください。

これはねぇ、相対性理論とのコラボで、元曲は相対性理論名義の「ミス・パラレルワールド」です。ボーカルをサンプリングして坂本龍一が伴奏をつけた感じですかね。

ちなみに、坂本龍一は相対性理論のアルバム「天使ジングル」についてこんなこと言ってますね。

相対性理論には変わらない悲哀がある。 この文明に絶望しながら生きている人間の声だ。 しかし、このアルバムではそれに加えて、宇宙的、天空的なものを感じる。 坂本龍一(引用:Youtube MIRAI records – 相対性理論 / やくしまるえつこ [Official])

好きなんだろうなぁ。で、こんなコラボしちゃうんだろうなぁ。羨ましいなぁ。
ということで、つい熱くなってしまいましたが、コード紹介します。

ウクレレでQMSMAS。コード進行とポジショニング例

マニアック過ぎて、原曲は違法アップロード含めてもYoutubeに上がってません。さすがのマニアックさです。アップルミュージックに入っている人は、フルでどうぞ。

しかしものすごい浮遊感です。元曲「ミス・パラレルワールド」のチャキチャキっとしたノリはどこにもありません。が、やくしまるえつこは坂本龍一と合わせても消えない圧倒的な個性さんです。

さて、コード紹介ですね。

QMSMAS 坂本龍一

 

断っておきますが、ウクレレでやってもこの曲の浮遊感は絶っっっっっっ体にでません。まあでも、それを承知で、コードをポロポロ弾いたとしても十分に世界観に浸れるコード進行の良さがあります。

年取ると、あんまり誰も褒めてくれないので自分で言っちゃいますが、今回のボイシング(和音の並び)はかなり苦労しました。頑張ったね、僕。

ウクレレ(弦楽器でしかも弦4本)でピアノの和音の雰囲気を出すのってかなり苦労するんですね、コレが…。まあ、じゃあ別にウクレレでやんなくてもいいじゃんていう話なんですけど、趣味なので…。

まとめ

今回はさっぱり終わります。ウクレレって、聴いてる側は「まあ、かわいらしい音色…、ほのぼのするわね」なんて思うんですけど、弾いてる本人は意外と自分のマジな世界にガッツリ入っていたりするので不思議です。コードの響きや雰囲気を楽しんでみてください。しかし何なんだろうなぁこの坂本龍一の曲が出す独特の雰囲気…。

ということで、今回は完全に僕の趣味記事でした。では皆さん、さようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。