[ウクレレコード紹介]Pop Virus / 星野源


こんにちはtakaraです。

「恋」が大ブレイクしてからというもの、勢いがすごいですね。星野源。音楽番組で歌う前に「どーもーー星野源でーす」と毎回律儀に挨拶する感じが、高年齢層にも好印象な気がします。NHKのコント番組LIFEで見せるおふざけモードの一方で、小粋なポップスからモテバラードまでこなしちゃって、羨ましい限りです。

今日は、そんな今をときめく星野源の最新アルバムから、タイトル曲の「Pop Virus」のコード紹介です。シンプルなコード進行なうえ短い曲、しかもおしゃれなので、ウクレレビギナーがチャレンジするにはもってこいです。小ネタも紹介しますんで、遊んでください。

ウクレレでPop Virus。コード進行とポジショニング例

まず、原曲の紹介ですね。

YouTube 星野源公式チャンネルはこちら→星野源 – Pop Virus (Official Video)

ちょっとネオソウルちっくなギターがおしゃれで、とてもキャッチーな曲ですねえ。アイデア以降、トラックメイクを活かした曲も出してますが、シンガーソングライターの気質が素晴らしいせいか、アコースティックで演奏してもかっこいいのが星野源の曲の良いところだと、個人的に思ってます。

ちなみに、アップルミュージックに入っている人はフルで聞けます。
で、コード進行とポジショニング例です。原曲と合わせて練習してみてください。

Pop Virus 星野源

 

なんせ曲が短いのが良い。コード取りも疲れませんでした。練習もたぶん疲れません。たぶん…。お手軽かつ良い曲です。

ウクレレでPop Virus。もっと楽しむ小ネタ紹介

キャッチーなギターパートがイカしてるPop Virusですが、これを真似して遊んでみましょう。たいした小ネタでもありませんが、家で一人楽しむ時に「おおー。ぽいぽい」とほくそ笑むのにちょうど良いんじゃないでしょうか。

冒頭のギターをウクレレで真似する方法です。

弦楽器には「スライド」という奏法があります。任意の弦で音を弾いたあと、同じ弦の別フレットまで弦を押さえたまま移動することで、ピッキングのアタック音を出さずに音程を変える奏法です。マリオがジャンプした時みたいな音が出せます。

よくわかんない人向けに、演奏動画です。あんまし上手じゃないですけど、参考にしてください。

参考動画はこちら→Pop Virus / 星野源 ウクレレで冒頭ギターのマネ

ポイですね。ポイポイ。

まとめ

以上、Pop Virusのコード、ポジショニング紹介でした。こういう感じの曲を演奏するには、コードもさることながら、弾き方も重要になってくるんですが、それはまた別の記事で…。サボりではありません。

星野源の曲は、ウクレレ弾き語りでも楽しめそうなモノがいっぱいあるので、またポツポツ上げていきたいと思います。

 

うくれれのおとでは、コード紹介してほしい曲を常時募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。