[ウクレレコード紹介]音楽 / Yellow Magic Orchestra


こんにちは。takaraです。

私事で恐縮ですが僕には1歳の娘がいます。

アンバランスながらもようやく歩けるようになり、「バー」だの「ターイ」だの「シゴトイキタクナイナー」だの、よくわからない言葉を連呼する年頃になりました。

日々悩みながら育児に奮闘する母親とはうって変わって、父親なんて気楽なもんです。

近い将来訪れるであろう反抗期なんて想像もせず、「もうちょい大きくなったらセッションして遊んでもらおう…」とか思っています。

で、今回は日本の誇るテクノバンドYMOの「音楽」。坂本龍一が、娘が生まれた当時に書いた曲です。

教授も幼児期の坂本美雨(?)を見て、一緒に踊ったり歌ったりできるのを待っていたんだなぁ、と感慨深いものがあります。

さぁ僕よ…、 今こそコード起こしするときです。そのうち「おとーさん嫌い」とか言われたら、コード起こしのモチベーションも湧きません。

音楽。コード進行とウクレレポジショニング例

原曲を確認しておきましょう。

コンピューターおばあちゃんみたいなイントロから、なんだかフレンチな進行に移り、トリッキーな転調を繰り返しながら、メロに入ります。

難解なんですけど、前情報のせいであふれ出る愛情を感じます。良く作ったなぁ、こんなの…。

ではコード進行とウクレレポジショニング例です。

音楽 YMO

聞いた感じ簡単だろうと思っていたら、前奏の音取りはかなり難航しました。

酒飲みながらコード起こしなんて、するもんじゃありません。

しかしよくわかんない、この転調…。近々、音楽理論をきちんと勉強してみようと思ってます。

Bメロの進行、「B♭m7♯5→Bmaj7→D♭sus7→F♯9(maj7)」は、いろんなポップスで多用されている「なんか良い感じ進行」ですね。

最後のF♯9をE♭m7にすると、くるりの「ばらの花」のサビと同じような進行になります。

「音楽」のように、最後をF♯9で解決すると、切なさ微減・明るさ微増、の雰囲気になるんですね。

まとめ

以上、YMO「音楽」のコード進行・ウクレレポジショニング紹介でした。

まぁなんにせよ、娘ってかわいいもんです。最近、子殺しのニュースが後を絶ちませんが、娘を持つ以前と比べて7割増しで心が痛むようになりました。

世のお父さんお母さん、こんな曲もあるんですよ。ウクレレで弾き語ってみたらいいんじゃない?

ではウクレレラバーの皆さん、さようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介のネタを募集中です。リクエストがあればお気軽にメッセージください。