[ウクレレコード紹介]I Hear a Rhapsody ウクレレソロ用参考ポジショニングも紹介


こんにちは。takaraです。

「ブログばっか書いてないで、たまには演奏もしないとなぁ」と思っていたら、思わぬ知人からライブのお誘いを頂いて、ジャズライブに参加してきました。

ウクレレでもジャズに誘ってくれる、奇特な方々です。

で1曲、テーマ(曲の主旋律のこと)も弾かせてくれる、とのことだったので、ありがたく豪華なバックで演奏させてもらっちゃいました。

忘れないうちに、演奏した曲のポジショニングを記録に残しておこうと思い、今回はジャズ・スタンダード「I Hear a Rhapsody」のご紹介です。

これウクレレでやってる人見たこと無いですけど、意外とイケるので中級~上級の皆さんはチャレンジしてみてはどうでしょうかね。

I Hear a Rhapsody。コード進行とポジショニング紹介

とりあえずどんな曲か、わかりやすい音源を紹介しておきます。ジャズの大御所エディー・ヒギンズの演奏です。

小洒落てますねぇ。いいスタンダードジャズです。

ほいじゃぁ、コードとポジショニング紹介です。

I Hear a Rhapsody inE♭

ちなみに、世の中にはジャズ・スタンダードのコード進行ばっかを集めた本がいろいろあって、ジャズセッションに参加する人々は、だいたいそんな本を持ってます。

最近一番セッション会で目にするのは、下の本。通称「黒本」と呼ばれてます。 I Hear a Rhapsodyも載ってます。

ウクレレでもジャズやりたい、という人は持っておいてもいいでしょう。とりあえずコード弾いてるだけで、セッションには参加出来ますからね。

I Hear a Rhapsody。ソロウクレレ用参考ポジショニング

あんまり需要は無いと思いますが、自分の備忘録代わりです。

著作権の都合で譜面を載せられないので、「このポジショニング使えばメロディー弾きながらイケるよ」というポジショニングを載せておきます。

I Hear a Rhapsody inE♭ ソロウクレレ用

これだけ書かれても、イメージわかないと思います。

このポジショニングを使って、実際にソロウクレレをした動画を参考にリンクしておきます。

こんな感じ → I Hear a Rhapsody / ウクレレソロ

1周目はリズムフリーで自由な感じ、2周目のA・A’はアドリブソロでジャズっぽくしてみました。ちょっと雑ですが、僕も必死です。許してね。

まとめ

以上、今回はジャズ・スタンダード「I Hear a Rhapsody」の紹介でした。

ひとえにウクレレでジャズといっても、単にジャズの曲をウクレレでやる、だったり、ウクレレを使ってジャズのメソッドで音楽をやる、だったり、アプローチは色々です。

別の機会に、ウクレレでジャズをやる方法も紹介していきたいと思います。ちょっと説明がまとまんないので、いつになるやら…。

では、ウクレレラバー・ジャズラバーの皆さん、さようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介のネタを募集してます。リクエストがあればお気軽にメッセージください。