[ウクレレコード紹介]あたながいるなら / Cornelius


こんにちは。takaraです。

ウクレレブログとか言っておきながら、最近打ち込み系の曲紹介に傾倒し始めたこのブログ…。

ただ、打ち込み系の曲でもコード進行が気持ちいい曲の場合、意外とウクレレでやってもいい感じになるんですよ。言い訳ですけど…。

まぁ個人ブログなんて、自分のモチベーションを維持して続けてなんぼ、みたいな所ありますからね。

世の中にはメディアに埋もれた良い曲多い。そんなやつを掘って世に展開する、DJ的な楽しみもあっていいじゃないですか。

というわけで、今日はCornelius「あなたがいるから」です。

雪の日に部屋でゴロゴロしながら、外に降る雪をぼーっと見ている時なんかに、よく合う(と思う)。ほら冬向きでしょ。

あなたがいるなら。コード進行とウクレレポジショニング例

Corneliusは小山田圭吾がやってるユニットです。Cornelius=小山田圭吾。オリジナルラブ=田島貴男みたいなやつですね。

ノイジーな作品も多い小山田圭吾ですが、これはすごいメロウでポップ、(色んな意味で)優しい、3拍子そろった良い曲ですね。

ではコード進行とウクレレポジショニング例です。

あなたがいるなら Cornelius

非常にシンプルなコード進行です。が、ちょっとテンションが複雑です。

イントロや間奏とAメロは、ちょっと丁寧にテンションを使い分けて起こしてありますが、めんどい人はずーっとAメロのコードを弾いても成立します。

もっと簡素化したい人は、下の記事を参考にしてください。

テンポもゆっくり。ほれほれ、初心者でもやりやすいです。

友達のいる人は、誰かに伴奏してもらって(あるいは自分が伴奏して)間奏のソロや、キーボードのリフを分担しても楽しそうです。

こんなの一緒にやってくれる友達が居るかは置いといて…。

まとめ

以上、Cornelius「あなたがいるなら」でした。

何が良いって、ボーカルが声張らなくても良いところですね。世の男性ボーカルってのは、ハイトーンすぎるんですよ。素人が真似して歌えないじゃんね。

これは決して歌ヘタ男子のエゴってわけでもなくて、ハイトーン男ボーカルの曲を女子がカバーしようと思うと、高くてキーを下げなきゃいけなくなります。そういう意味でも頑張らない男ボーカルは良いんです。

冬の寒い日にこたつでダラッと弾き語りしてみてはいかが?

では、ウクレレラバーの皆さん、さようなら。

 

うくれれのおとでは、コード紹介の曲を募集中です。コメント欄にお気軽にメッセージください。