初級 ウクレレの「ストラミング」てなに? ストロークの仕方を覚えよう


こんにちは。takaraです。

コード(和音)を弾いてみようの回でも触れましたが、コード弾きはウクレレの醍醐味の一つです。

とりあえず前回は、コードを奏でることをメインに説明しました。

が、コードを弾くにはコード自体を理解する他に、もう一つ重要なテクニックが必要です。

それがストラミング(ストロークすること)。今回はこの「ストラミング」の方法を紹介します。

読むのが面倒い人は、記事後半に動画を載せてますんで、そっちを参照してください。

あ、あと最初に言っときますが、人差し指の爪はしっかり切っといてください。下手すると爪が剥がれます。マジです。

ストラミングってなに? どうやってやるの?

冒頭でも触れましたが、「ストラミング(ストラム)」とはウクレレのコード(2つ以上の弦)を一振りで弾くことです。大体は4つの弦を全部弾きます。

ざっくりいうと、コードをジャカジャカ弾くこと。

まぁ、キレイに好みの音が鳴らすことができれば、どうやったって良いんですが、基本通りにやるかやらないかは、後々自分で選べばよいことです。

何事も一応基本を知っておくのは大切ですし、選択肢も広がりますからね。

ちなみに、似たような用語に「ストローク」というのがあります。ギター奏法の場合は、両者を弦に対する指の当たり方で区別する場合もあるみたいですが、ウクレレでは同義で使われているようです。

当ブログでは面倒なので、「ストラミング(ストラム)≒ストローク」で説明していきます。

ウクレレのストラミングのやり方

ストラミングをするには、腕・手の構えと動かし方を覚えないといけません。

ストラミングするときの構え方

まずウクレレの構え方。

まぁこれは、ストラミングというより、ウクレレ自体の構え方です。

体と二の腕じゃない側の肘付近で、ボディーの下(ネックと反対側)のあたりを挟み込むようにして、ウクレレをホールドします。

どーでも良いんですけど、二の腕じゃない方ってなんて呼ぶんでしょうね…、一の腕?。

話を戻して…この時、腕はネックに対してまっすぐになるように構えるのがポイント。

ちなみに、ネックに対して腕が斜めになると、きれいなストラムはやりにくくなります。(詳しくは後述します)

当たり前ですが、腕が弦に触って音が消えないようにしましょう。

とりあえずこれで、腕の構えはOK。

で、次に手の構え方。

ストラムする手を、鉄砲を打つときのように構えます。こんな感じ。

この、ちょっと飛び出た人差し指で、弦を弾くわけです。

この時、教則本やハウトゥーサイトによっては、「中・薬・小指を握り込む(写真中央)」とか、「親指は人差し指にしっかり当てる(写真右)」とか、若干違いがあります。

僕もいろいろ試してみたんですが、論理的に「こうじゃないとなんか不具合が出る」というのは無いように感じます。

むしろ、手指に何かしらの力を込めると、どうしても腕・手首・手全般に力が入って、スムースなストラムが出来ません。(できる人もいるんでしょうけど

血液検査の時に、看護師さんから「親指を中に入れて手を握ってくださいねー、あ、腕の力は抜いてねー」とか言われるんですけど、無理でしょ。そういう事です。

次の見出しで説明しますが、ストラムをする時の大切なポイントの一つが「(手の)脱力」です。

コレを踏まえると、あまり無理して中~小指を握りこんだり、人差し指を親指にくっつけなくてもいいです。力入っちゃってうまく脱力出来ません。

弦を弾く位置

これは正直、好みの音が鳴ればどこでも良いんですが、張られた弦の真ん中あたりを弾くのが一般的だとされてます。

楽器によっても変わりますが、ソプラノサイズだと1112フレットあたり、ネックとボディーの継ぎ手よりちょいヘッド側、になります。

ただこれは、体格(特に腕の長さ)によって、なんともならない場合もあるでしょう。

そんな人は、楽器のサイズを変えてみても良いかもしれません。

ちなみに、張られた弦のどの位置を弾くかによって、音色やボリューム、ピッキングのしやすさ、は変わります。表現方法によっては、弾く位置を変えるのも有効です。

機会があれば、別の記事で紹介しようと思いますが、今回は「ストラムするときは…」という話なので、これでOKです。

手の動かし方

続いて手の動かし方。

よく、アコースティックギターを弾く人が、元気よく腕を振ってジャカジャカ弾きますが、そういう弾き方はしません。

ストラムをするときは、手首を動かして人差し指を弦に当てて弾きます。

この時、手首を上下させるのではなく、回転させる肘から先に棒が入っているようなイメージで、ストレートに固定して、手首のみを回転させて弾きます。

次の写真を参考にしてください。

手首を上下させるのではなく、回転させる。コレがポイントです。

ちなみに弦への人差し指の当たり方は、次の図のようになります。

回転させた場合、人差し指は弧を描きながら4つの弦に当たるので、1・4弦よりも2・3弦の方が当たりが深くなります。

当たりの深さが異なるせいで、各弦の指への抵抗が変わるわけですが、これにより弦に指が引っかかりやすくなります。

これを解消するためのポイントが次の2点。

・一気に振り切る
・手を脱力する

一振りでズバーンと勢いよく振り切ることで、引っかかりにくくなります。そして脱力することで指がフレキシブルに弦に当たるので、抵抗を上手くいなす事ができます。

ちなみに、手を上下させて弾くと、すべての弦を均等にストロークできるように感じますが、手首の動きが不自然になり、なめらかなストラムが出来ません。

最後に、前見出しで説明した腕の構え方についてですが…、

ネックに対して腕を斜めに構えると、手首を回転させた時に、14弦に対して斜めにストロークしてしまうため、均一に音を出すのが難しくなります。

また、人差し指のストローク長が大きくなるので、動きに無駄がでる(1ストロークに時間がかかる)。これはテンポの早いストラムをする時に、思いのほか足を引っ張ります。

繰り返しますが、腕はネックに対してまっすぐ構えましょう。まぁウクレレの場合、斜め上から構えるほうが逆にむずかしいですけどね。

ダウンストロークとアップストローク。人差し指の当て方

最後に、ダウンストロークとアップストロークについて説明しておきます。

ダウンストローク : 弦を上から下に弾き下ろす
アップストローク : 弦を下から上に弾き上げる

ふーん、ていう話ですが、人差し指でやると、ダウンとアップで弦への指の当たり方が若干変わります。

ダウンのときは、人差し指の中指側を当てて、弾き下ろす。(この時爪もちょっとだけ当たる)

アップのときは、人差し指の腹の先端あたりを当てて弾き上げる。

これが結構やってみると難しい。指が弦に深く当たりすぎてつまずいたり、当たらなさすぎてカスッたり…。

僕もやり始めた当時は、出来なさすぎて、「何か決定的にやり方間違ってんじゃないの?」と思ったもんですが、ずーっとやってたら出来ました。

弦への当たり方が身体(人差し指)に馴染むまで、ひたすら練習しましょう。ぜったい慣れます。

あ、最初にもいいましたけど、爪はしっかり切っておきましょう。アップスロークの時に爪が弦に引っかかると、剥げます。マジで痛いです。

ウクレレでストラミングをしてみよう

では、ここまでの内容を踏まえて、実際にストラミングをしてみましょう。

ポイントをおさらいしておきます。

・人差し指の爪はちゃんと切っとく
・腕はネックに対して真っ直ぐに構える
・手は鉄砲を握るように構える
・弦を弾く場所は、張られた弦の真ん中(11~12フレット)あたり
・腕は振らずに、手首を回転させて人差し指を弦に当てる

・一気に振り切る
・脱力して弾く

では、これらのポイントを踏まえて、実際にストラミングをしてみましょう。例によって、かえるの合唱をストラムで弾いてみましょう。コードは前回の記事を参照してください。

かえるの合唱 ストラム練習

以上の話を、動画でも説明しておきます。

まとめ

以上、ウクレレのストラミングのやり方でした。

ウクレレには、いろんな演奏方法があり、ストラミングはその中の一部。

ですが、弾き語りやジャカソロなど、様々なシーンで使用する重要なテクニックです。

もちろん、コレが出来なきゃウクレレは楽しめない、とか言うつもりはサラサラありませんが、できれば表現の幅は広がります。

人差し指をメインに弦楽器を弾く、っていうのはウクレレ独特で、慣れるまではかなり苦労します。

が、ずっとやってると必ず出来ます。むしろ、人差し指意外で弾くことの方が違和感を覚えるくらいになってきます。

ポイントを押さえて、頑張ってみてくださいね。絶対できますから。

では、ウクレレラバーの皆さんさようなら。