初級 ウクレレで音を出してみよう ~フレットの押さえ方~(動画付き)


こんにちは。takaraです。

ウクレレ(と周辺グッズ)を買った、チューニングもした人。さて、やっと音が出せる状態になりました。弾いてみましょう。

ウクレレの奏(かな)で方は非常にシンプル。「フレットを押さえて弦を弾く」これだけです。それほど難しい技術は不要ですが、ちょっとした注意点もあります。

今回は、そのポイントを押えて、キレイな音が出せるようにするのが目標です。ほいじゃ、始めましょう。

そもそも、ウクレレの音程の変え方は?

まず前提として、ウクレレの音程の変え方を知っておきましょう。

ウクレレは、張られた弦の長さで音程を変える楽器

開放弦で(フレットを何も押えないで)弾いたときの音は、チューニングの回で勉強した通り、4弦→1弦でソ・ド・ミ・ラですね。

ここから音程を変えようとする場合、フレットを押さえて弦の張りの長さを変えるわけです。

ポイントになるのは、フレットを押さえ方。正しい方法で押さえないと、音が歪んだり、ピッチが悪くなります。では詳しく紹介していきましょう。

フレットの押え方

そもそもフレットとは指板に施工されている金具で、ヘッドに近い方から1フレット、2フレット、3フレット…、というふうに数えます。

さっきから「フレットを押さえる」と言ってますが、細かい事いうと、「フレットとフレットの間の指板を押さえる」ですね。

なので、例えば「2フレットを押さえなさい」の場合、1フレットと2フレットの間を押さえて、ブリッジと2フレットで弦が張られた状態にする訳です。

ポイントは次の3点で…、

・フレット自体に触らない
・指定のフレットから離れたところを押さえない
・指板に対して垂直に押さえる

です。

何言ってるかよくわかんないと思うので、詳しく説明します。文字を読むのがめんどくさい人は、下の方にある参考動画を見てください。

フレット自体に触らない

まず、フレット自体に触れはいけません。弦の振幅を妨げてしまいます。

イラストで説明するとこんな感じ。ウクレレを構えて上から見下ろした時のイメージ図です。(サウスポーの人は逆向き)

簡単に言うと、輪ゴムをビョーンとはじいて揺れているところに、何かモノを当てる、みたいな感じですね。

せっかく弦を弾いても、フレットを押さえている指自体がその振幅を止めてしまうので、音が消えたり歪んだりします。ダメでしょ? なので、フレットに指は触れないことです。これ大事。

指定のフレットから離れたとこを押さえない

これは、例をあげて説明した方がわかりやすいかもしれません。

例えば「2フレットを押さえてね」という指示があった場合、1フレットと2フレットの間を押さえますよねぇ。

で、フレット自体に触れてはいけないので、「2フレットから離れた1フレット寄りの場所を押さえよう」ってなったとしますよねぇ。これがダメです。まぁ、ダメというよりは音が歪みやすいんですよ。

「フレットを押さえる」というのは、言い換えると「弦の片端を指定フレットの位置で固定する作業」です。固定するために使う力が、固定位置から離れれば離れるほど、固定位置にかかる力は弱くなってしまいます。

なので、フレットから離れた位置で指板を押さえてしまうと、フレットに弦を固定する力が不足して、弦自体がズレて音がビビる(歪む)んですね。こういう事です。

という訳で、指板を押さえる位置は、「指定のフレットには触らず、かつなるべく近い位置で押える」のが良いです。

「えぇ、細かっ…、めんどっ…」と思ったあなた。救いがあります。

ウクレレはそもそも小さい楽器なので、フレットの間も短いです。よほど離れた場所を押さえない限りは、音は歪みません。

なので、「フレット自体に触らない」だけ注意すれば、フレットまでの距離はそこまで意識する必要はありません。とは言え、気には留めておきましょう。

指板に対して垂直に押さえる

フレットの押え方の最後の注意点です。押える力は、指板に対して垂直にかけましょう。下の図はネックの断面図だと思ってください。

勘違いしやすいんですが、「指板に対して指を斜めに当てちゃダメ」ということではありません。斜めに当てても弦を押す力が指板に垂直にかかればOKです。

斜め下から、あるいは斜め上から押さえてしまうと、弦が上下にズレがちになります。

すると、弦は不必要に引っ張られてテンション(張りの強さ)が高くなるので、ピッチ(音程)が上がってしまいます。

コレが意外とやってしまうんですねぇ。「ちゃんと信頼できる良い楽器を買った、チューニングも正しくやった、でもピッチが合わない」というときは、大体これが原因です。

ウクレレって指板が狭いので、特にコードを押さえる時は指板が指でミチミチになります。そうなると、指たちは行き場が無いので、フレットを押えたときに弦を上へ下へと引っ張ってしまうですよ。

解決方法ズバリは2つ。

指の配置を工夫して頑張る

とにかく頑張って、指板が指でミチミチな状態でも弦が上下にずれないように、指をさらにミチミチにするんです。

どの弦をどの指で押さえるか、を工夫すると意外とイケます。ほら頑張って!ミチミチ!

指板の大きいサイズに変える

ウクレレのサイズが大きいほど、指板の面積、フレット間のスペースは広くなります。ソプラノがキツい人はコンサート、コンサートでもきつい人はテナーにサイズアップしましょう。

「指はキツいけど、ボディーの小さいのが好きなんです」という欲張りな人、安心してください。ソプラノサイズのボディーにコンサートサイズのネックがついたロングネックソプラノ、なんていう製品もあります。

ちなみに、僕はボディーもネックも小さいのが好き、かつ、指ぽっちゃり人間なので、ミチミチを気合でカバーしてます。でも正直やっぱりピッチは悪くなりますね…。まだまだ気合が足りません。

 

さて、以上のポイントを動画でも解説しておきましょう。参考にしてください。

弦をはじき方

フレットを押さえたら後は弦を弾(はじ)くだけです。さぁ、弾(はじ)いてください…。

弦を弾くことを「ピッキング」言いますが、これにはいろいろなやり方があります。親指の腹で弾く、人差し指の爪側で弾く、人差し指の腹で弾く、等々…。これらは別の機会に紹介していきましょう。

今回注意することは一つ、「バチンバチンはじかない」これだけです。

フレットを押さえて、単音なら「ポーン」、和音なら「ポロポロポローン」という歪みの無い音が鳴ればOKです。

まとめ

さて、今回はウクレレの音の出し方でした。いつまでこんなまどろっこしい説明が続くのか…。そりゃ僕も、さっさと曲紹介とかコード紹介とかしたいですよ。でも基本事項は大事ですからね。

長文お疲れ様でした。次は音階だのコードだの、もうちょっと楽しい内容にしますから…。

ではウクレレラバーの皆さん、さようなら。