初心者向けウクレレ…どれを買ったら良いの?


こんにちは、takaraです。

僕がウクレレを始めたのは高校生の頃だったので、なけなしの小遣いで3,000円の名もない中国製ウクレレを買いました。

今思えば、音色こそシャリシャリ薄っぺらかったものの、チューニングもずれること無く、十分楽しめていた記憶があります。

さて、ウクレレを始めようと思ってまず悩むのが楽器選びです。「悩む」と言ってもこれが結構楽しかったりもしますが、そこそこ金を出して失敗はしたくありません。

というわけで、今回は「これからウクレレを始める人はどれ買ったらいいの?」という記事です。

初心者のウクレレ選び…気にするべきはピッチ

ネットを探すと、ウクレレ選びのポイントを解説するサイトは山ほどあって、素材の音色がどうとか、鳴りがどうとか、まぁいろいろ書いてあります。

が、初心者に関して言うと、僕の結論は「ピッチが良ければ別にどれでもいい、あとは予算と相談して見た目で選ぶ」です。

音色や鳴り、弾きやすさのような、人によっても評価が変わるポイントを重視しても、自分が同じに感じるかなんてわかりません。

そもそも楽器を始める時は比較対象がないので、評価しようがありません。初楽器が自分に馴染んで「いつもの音」ができてから、初めて他と比較できるようになるものです。

しかしさすがに、ピッチがズレていたり安定しなかったりすると、弾いても聴いても楽しめないので、そこだけは気にしましょう。

あとは、とりあえず曲を弾いて楽しめてなんぼの世界。長いお付き合いができるよう、デザインや構えたときのフィット感、が気にいる物を選びましょう。

ピッチが良いウクレレの見分け方

これはちょっと音感のいい人ならわりと簡単。

楽器屋さんに行って試奏をお願いすると、店員さんがチューニングしてくれます。たまにチューナーを使わずにチューニングする店員さんがいますが、ちゃんとチューナーを使ってもらいましょう。

チューニングできたら、次の方法で響きを確認します。

1)指板の中音域・高音域を使うコードで響きを確認

チューニングして開放で弾くと、ウクレレはC6のコードがなります。チューニングされているので、当然響きはキレイです。

次に5フレットを全部押さえて弾きましょう。するとF6のコードになります。

この時、「C6のときはキレイに聞こえたのに、F6弾いたら和音ズレてない?」と感じたらアウトです。

同じように、高音域(10フレット以上)の同じフレットを全部押さえて弾いてみます。(10フレット=Bb6、11フレット=B6、12フレット=C6…)

〇〇千円レベルのウクレレの場合、さすがに12フレットにもなると響きに違和感が出るものがあります。僕の場合、10フレットで響きがズレるようだとNGにします。

逆に12フレット押さえて弾いても、キレイな和音が鳴るウクレレは大したもんです。

2)開放弦を含めたコードで響きを確認

どこかの弦が開放、その他の弦はハイフレットのコードを弾いて、響きに違和感がないことを確認します。

コード不協和音じゃなければコードは何でも良いですが、響きがわかりやすいあたりで適当なコードは次の通り。

・Gm7(1弦→4弦の順に、5・6・5・0フレット)

・Gmaj7(1弦→4弦の順に、9・7・7・0フレット)

・Bbmaj79(1弦→4弦の順に、0・1・0・3フレット

・Am7(1弦→4弦の順に、0・4・0・2フレット)

チューニングしたのに、これらのコードを弾いて「響き悪…」と感じたら、ピッチがいまいちなウクレレです。

初心者でも区別がつくウクレレ選びのポイント

上でも言いましたが、材質による音色の違いや楽器の鳴りは、そこそこウクレレ演奏や視聴を経験しないとわかりませんが、初心者でも楽器選びに考慮できるポイントをいくつか紹介しておきます。

サイズ

当たり前ですが、大きさはバカでも見た目でわかります。ウクレレはサイズによって次のように分類されます。

小:ソプラノ<コンサート<テナー<バリトン:大

※チューニングはバリトンのみ異なる(4弦:D、3弦:G、2弦:B、1弦:A)

一般論として、ボディーが大きいほうが音量は大きく太くなりますが、パイナップル型や薄型など、形状によっても鳴りは変わるので、初心者は音量よりも単純に見た目やフィット感を気にすれば良いでしょう。

ウクレレはとても小さな楽器です。ギターやベースなど他の弦楽器と比べて必然的にフレットの幅も狭くなり、指板が指でギチギチになります。大きいサイズほどフレットの間隔は広くなります。

気になる人は、1サイズ大きな物を選ぶのも良いでしょう。まぁ、指板を押さえたときの窮屈さなんて、しばらく弾いてるうちに慣れますけどね。

趣味でギターを弾く僕の友人がウクレレに手を出し始めましたが、ギターに慣れた彼はいきなりソプラノのサイズ感が合わず、コンサートを選んでました。ギターからウクレレに入る人はコンサートのほうがしっくり来るかもしれません。

ちなみに、ボディーはソプラノサイズ、ネックはコンサートサイズで作られた「ロングネックウクレレ」なんてのも有ります。「ボディーが小さいのが良いけど、フレットは広めがいい」という人にはおすすめです。

ペグ

ペグは、ヘッドに弦を巻きつけて固定する部品で、次の3種類があります。

・フリクションペグ(ストレートペグ):ヘッドに対してストレートにツマミが固定されている。ツマミ1回転に対して弦の巻は1周

・ギアペグ:ヘッドに対して横向きにツマミが固定されている。ツマミ14回転で弦の巻は1周

・UPT:ぱっと見フリクションペグのようだが、ツマミ4回転で弦の巻きは1周

フリクションペグだと、ツマミの回転に対して音程をパパっと上下できますが、微調整が難しいので、チューニングには手間取ります。

対してギアペグは、音程の上下には時間がかかりますが、狙った音程に微調整しやすいので、ストレスはありません。

UPTはそのいいとこ取りだと思えばOKです。(もちろんフリクションペグよりは時間がかかります)

まぁぶっちゃけ、初心者なのにチューニングにスピードを求められる場面なんて、まずありません。どのペグでも時間をかければ丁寧なチューニングは出来ます。

ペグも見た目の好みで選んでも良いレベルですが、チューニングにストレスを感じたくない人は、ギアペグを選ぶと良いでしょう。

おすすめメーカー紹介

チューニングが安定していればOKと言いましたが、音感に自身のない人は前述の方法では判断できないかもしれません。

なので一応、「このメーカー買っとけばOK」と言えるブランドを上げておきます。

MAHALO

1999年にキクタニミュージックが立ち上げたブランドで、低価格ながらそこそこ良い楽器です。

3,000円ちょいの最安品で音程の安定性を確認しましたが、前述の方法で10フレットぐらいまでズレなく音が定まってます。ちょっと触ってみたいレベルの初心者なら十分楽しめるクオリティーです。

MAHALO公式HP

Famous

ウクレレ専門店KIWAYA楽器の誇る国産老舗ブランドです。形状やサイズのバリエーションも豊富で、信頼できるブランドです。これ買っときゃ間違いない。

安いものなら20,000円を切ります(FS-1)。真面目にやってみたいと思う人なら、高くはない値段でしょう。適当に一回触ってみたいレベルの初心者にはもったいないかもしれません。

KIWAYA楽器公式HP

LUNA

同じくKIWAYA楽器が1993年に復刻した国産ブランドです。FAMOUSよりも若干リーズナブルですが、クオリティーは上々。

KIWAYA楽器公式HP

上記の他にも優良メーカーは多々ありますが、いかんせん値段がなぁ…、という話です。

上級者におすすめできる楽器は、当然初心者にもおすすめできるものが多いわけですが、値段がなぁ…。

まとめ

初心者の皆さん、ウクレレ選びはそんなに深刻に悩む必要はありませんが、ピッチの良し悪しは気にしておきましょう。あとは値段とフィーリングでOKです。できれば楽器屋さんに行って現物見て決めましょうね。