シャボン玉 / 中山 晋平(**)


こんにちは。takaraです。

前回の”シャボン玉”をいろいろ調べていたら、「実はこの曲は鎮魂歌だ(歌詞が)」という話を知りました。

で、そのノリでメロディーだけ弾いていたら、もうそういう風にしか聞こえない。

別の伴奏を付けたくなったので、コード進行をアレンジしてみました。

ということで、少し難しくなりましたが、星2つなのでそこまででもありません。

演奏例

ふわっとした雰囲気にするボイシングを目指したら、High-Gの方がいい感じになったので、今回はLow-Gの人ごめんなさい。

歌部分を2周りしてます。あと、フレーズ毎(1小節毎)にメロディーを投げっぱなすように間を空けてます。

譜面
syabondama2

コードのテンションやボイシング(構成音の組み合わせ)は複雑に見えるかもしれませんが、実際に弾くとそこまででもありません。

伴奏パートをしっかり伸ばして、雰囲気を作ると良いかなぁと思います。

マイナーコードも少し混ぜつつ、原曲とはまた別の雰囲気を楽しんでもらえればと思います。

良いですね、古い童謡。故人に感謝。

今まで「自分が死ぬ時は、ビル・エバンスか坂本龍一でも聴きながら死にたいなぁ」とか思っていましたが、シャボン玉、良いですね。とてもアンビエントな曲だと思います。

では、ウクレレラバーの皆さん、さようなら。